ビジネス

販売提案 その壱 – GUILD CLUB – Homepage Guilder  ホームページ ギルダー

RIKIwhoismyson

前回の「ものが売れない3大理由」に引き続き、これまでに受講したセミナーで、非常に役に立つと感じた『USP』についてご紹介致します。

これから起業する方はもちろんのこと、長期にわたるビジネス経験をお持ちの方にとっても、ご自分のビジネスを再確認するという意味において、また、今後の営業戦略を考える上でも、大変役に立つと思います。


【USPとは?】

USPとはユニーク セリング プロポジション(Unique Selling Proposition)の略です。日本語では、『独自の販売提案』となります。
つまり、自社(自製品)のみが持つ独特の強みのこと。
ユニークで顧客に対して売り込みが効く主張、提案がUSPであり、他社との差別化が主張できる強みのこと。

マーケティングにおいても、ブランド構築においてもUSPを持つことは極めて重要とされ、マーケティング戦略の立案にあたっては、USPすなわち他社には無い独特の提案を見つけることが重要とされます。

◆独自性とは?(Unique)
マーケティングにおける独自性とは、「お客さんから見て、意義のある独自性」のことです。
一例を挙げると、椅子について考えてみると「デザインだけでなく、座り心地も最上のものを提供する」ことは、意義ある独自性です。しかし、「デザインを優先するあまり、座り心地が非常に悪い」ということであれば、通常お客様から見て意義あるとは言えません。
もし、お客様にとって意義あるものであると言うなら、それなりの解説が必要です。

1.すぐにわかる独自性が望ましい
2.時には、説明することも必要(意義があれば)
3.他社に真似できないものが良い

◆販売について(Selling)
マーケティングの役割は、販売活動をなくすことです。つまり、お客様が勝手に買ってくれる状態を作り出すことができれば、マーケティング成功と言えます。
USPはお客様が「勝手に買ってくれる」「勝手に口コミしてくれる」ようなものが望ましいのです。

◆提案(Proposition)
マーケティングにおける提案は、しばしば「オファー」と呼ばれます。
つまり、「あなたがこの商品を手に入れると、こんな生活ができますよ!」という提案が必要です。
「買って下さい」ではなく、「こんな生活が送れるようになります。欲しくないですか?」という提案をイメージして下さい。

次回は、USP(『独自の販売提案』)を見つける方法についてお話しますネ。(*^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です