ビジネス

ものが売れない理由(3大理由)その2 – GUILD CLUB – Homepage Guilder  ホームページ ギルダー

cool_office

さて、昨日の続きです。
「ものが売れない3大理由」について、
いよいよ核心部です。

  1. 知らない
    あなたがこういう商品を売っていることを人々は知らない。
    だから、あなたから買わないだけ。

    どうやって、この壁を壊すかを考える。

  2. 欲しくない
    その商品の良さがわからない。

    どうやったら欲しくなるか?を考える。

    あなたの扱っている商品がスマートフォンの場合、
    例えば「これを使うことで、メール機能は手書き入力はもちろん
    音声による入力もできるため、従来の携帯電話に
    比べたら、とっても簡単で誰でも使えます。
    おまけにインターネットもできて、さらに海外に留学
    している息子さんともSkypeで無料通話ができますよ」
    といった具合にその商品がどれだけ良いものなのか、
    また、他社と比べてどのように優れているのかを
    教えてあげる事が重要です。
    さらに、あなたの商品を活用することで、
    「こんなに日々のライフスタイルが変化して、
    生き生きとした生活が送れますよ」
    といったことをイメージさせてあげる事ができれば最高です!

  3. あなたから買う理由がない
    あなたが扱っていることも商品の良さもわかったけれど、
    大多数の人はあなたから買う理由がないと考えます。
    人は同じものなら安いところから買うか、
    または、知り合いから買います。
    ですから、あなたはこの理由を用意してあげるのです。

    例えば、あなたが家電ショップのオーナーであれば、
    「ウチから購入した商品が壊れてしまった時は、代替品を
    貸し出しますから修理期間中は絶対に困らないように
    してあげます」といった具合に、
    あなたから購入したくなる理由を作ってあげるのです。


    上記3つの売れない理由を踏まえたうえで
    結論です!
    売上を計算式で表すと以下のようになります。
    売上=客数×平均単価×平均リピート回数

この①客数、②平均単価、③平均リピート回数をそれぞれ
増加させることが出来れば、必然的に売上も上がります。

客数をふやすには
 a.知らないを壊す
 b.欲しくないを壊す
 c.買う理由を作る
平均単価を上げるには
 単品販売→販売品目を増やす
 Amazonショッピングサイトのように、一つ商品を覗くと
この商品も一緒にどうですか?といった表示が
でてくるのをイメージして下さい。
平均リピート回数を増やすには
 今回この商品を購入した方は、次回購入時にこれだけ得しますよ
というインセンティブを与える。

特に、客数を増やすことについては、解決策を自分なりに
10個づつ書き出してみると、必ず打開策が見つかる筈です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です