HOMEPAGEHPGブログ

ご注意下さい!!

またしてもフィッシングメールが届きました。

APPLEの名を騙ったメール内容となっており、パスワードを聞き出そうとするものです。
しかし、文面がおかしいのとスマホ画面内にメール文書が収まっていないため、フィッシングメールだと気づきました。
念のためAPPLEへ問合せを行ったところ、丁寧に調査してくれました。
結論としては、送信者メールアドレスがno-reply@accounts.google.comというものは、使用されていないということと文面もこの様な表現は使わないということから、フィッシングメールであるということが明確になりました。
良く見ると、お客様各位の後に 、 が入っていたり、24時間以内に〜の末尾の。の後に.(ピリオド)が入っています。

このメールは、6/3および本日6/5の2回も送信されてきましたので、前回同様に「日本産業協会の迷惑メール情報提供受付ページ」へと転送しておきました。
最近、本当に頻繁にこういった類いのメールが増加し続けている様に感じます。
デザイン等もより一層手の込んだ作りとなってきていますので、本当にご注意下さい!!
まずは、ご報告まで。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です