ビジネス

変化に感謝 – GUILD CLUB – Homepage Guilder  ホームページ ギルダー

ant

お陰さまで、ここのところHP作成に関する
問い合わせをたくさん頂戴し、打ち合わせ
も頻繁におこなわせていただける様に
なって来ました。

特に、『おおたタイムス』さまにご協力いただき、
宣伝広告をお願いするようになってからは、顕著に
その傾向が現れて来ています。

10月11日付の本ブログにも掲載した通り、
日本中のほぼ100%に近い方々は、私という
人間がHP作成を業務としておこなっていることを知りません。
こちら10月11日ブログを参照ください
このことは、自社HPを作成しても変わらない事実です。

では、「HPを作成しても無駄なのでしょうか?」
いえいえ、そんなことはありません。
では、どうしたら・・・?

その答えは、まず最初に「自分はこういうことをやってます」「ここに自分のHPがありますよ」ということを、一人でも多くの方々に知ってもらうことです。

そのために、HPだけでなく他の媒体も活用することで、まず、「知らない」という壁を破る必要があります。
ただし、その際には投資採算性という観点からのチェックも当然必要です。
どういうことかと言いますと、例えば、以下のように考えます(あくまでも例示です)。

  • 100人の人が広告やHPを見て、そのうち10人から問い合わせがあったとします。
  • さらに、10人の問い合わせのうち、5人にそれぞれ商品が1個づつ売れたとします。
  • 仮に、商品1個あたりの利益が1,000円あったとすると、5人の購入により5,000円の利益が上がっていることになります。
  • この場合、広告宣伝費として5,000円までは使っても良いということになります。

それでは、通常の方は「利益が全く出ないのでは?」と考えますよね。

では、こう考えて実行したらどうでしょうか?
これまでの商品に加えて、別の商品も付加して販売する。
例えば、こうです。眼鏡を売っている場合でしたら、「眼鏡に加えてレンズクリーナーやレンズの曇らない眼鏡拭きも一緒に販売することで、一人あたりの平均単価を上げて行く」
このように、プラスの方向に考えて行動することで、収益性を上げて行くことができます。

売上=客数×平均単価×平均リピート回数
も参照下さいね!(10月11日ブログ掲載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です